2012-12-03

杉のマドラー




『杉のマドラー』

これは日本酒に杉の香りをつけるためのマドラーです。
日本酒と杉の相性の良さを手軽に楽しむことができます。
杉の角棒にスリットを交互に入れ、表面積を大きくすることで香りをつけ易くしています。

このマドラーは使い捨てを想定しています。
間伐材は莫大に出ます。それを消費する為には長く使えるモノを作るだけでは役者不足です。
『捨てられる』と云う事が大きな意味を持ちます。
細い棒状なので端材で安価に製造でき、捨てられる事で次の購入を促せる循環型商品になっています。


デザイナー鈴木仁との合作。


Competition:復興支援 東北材デザインコンペ 一次審査通過