2014-03-16

奈良化粧筆













『奈良化粧筆』

貴重な杉のこぶを柄の材として使用した化粧筆です。

穂先の質が求められる化粧筆にとって、柄は複雑な手の動きに対応できるシンプルな形状が適していると考えました。
また、杉のこぶは複雑な木目なので柄にロゴや模様を入れてしまうと乱雑な印象を与えてしまいます。
そこで、柄のおしりには笑窪をイメージした窪みを施すことでアイデンティティーを持たせました。

チークとアイシャドウの2種類があります。
柄は木の質感が残るようにオイルと蜜蝋で仕上げました。