2014-03-19

奈良下駄



『奈良下駄』

小判型の『都』と舞妓さんが履く『ぽっくり』を融合させた女性用の新しい下駄です。
側面で歯と台に差はありませんが、前と後ろへ向かうにつれ、歯と台が徐々に異なっていく形状です。

まず、『都』の小判型を歯の形状にも適用し、丸い形状のみで構成することを考えました。
そして、『ぽっくり』と同様に側面へ細工が施せるよう考えた結果、この形に落ち着きました。
台のエッジは面取りを施し、歯に傾斜が少しつけてあります。

杉と桧の2種類があります。
履き心地を優先し素地で仕上げています。

歩くとポクポクと心地好い音が鳴ります。


Collaboration:増田下駄工房
Client:奈良の木ブランド課